コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森野米三 もりのよねぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森野米三
もりのよねぞう

[生]1908.8.31. 大阪
[没]1995.10.24. 神奈川
物理化学者。 1931年東京大学理学部卒業,40年同大学助教授,43~48年名古屋大学教授,45年には東京大学教授を兼任し,48~69年同大学教授。 69年相模中央化学研究所理事,70~78年同所長。 41年,水島三一郎と共同でラマン分光法を使いエタン誘導体の回転異性体を発見,第2次世界大戦後も電子線回折法とマイクロ波分光を併用して分子構造の決定法を開拓,構造化学分野の創始に貢献した。 64年学士院賞受賞,92年文化勲章を受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森野米三 もりの-よねぞう

1908-1995 昭和-平成時代の物理化学者。
明治41年8月31日生まれ。名古屋帝大教授をへて,昭和23年東大教授となる。45年相模中央化学研究所長。物質の散乱光を分析する装置を開発。回転異性体を発見するなど構造化学研究の基礎をきずいた。39年学士院賞。平成4年文化勲章。平成7年10月24日死去。87歳。大阪出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

森野米三
もりのよねぞう
(1908―1995)

構造化学者。大阪府生まれ。1931年(昭和6)東京帝国大学化学科を卒業し、理化学研究所の研究生となる。1940年東京帝国大学助教授、1943年名古屋帝国大学理学部教授となり、1945年東京帝国大学理学部教授、1969年東京大学名誉教授となる。手作りの実験装置で、物質の散乱光の分析から回転異性体を発見し、構造化学研究の基礎を築いた。1964年日本学士院賞、1973年藤原賞を受賞、1981年文化功労者、1992年(平成4)文化勲章を受章した。平成7年10月24日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

森野米三の関連キーワード糖タンパク質

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android