コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物社会学 しょくぶつしゃかいがくplant sociology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物社会学
しょくぶつしゃかいがく
plant sociology

植物の群落を対象とする植物学の一分科。すなわち,植物群落の形態や分類,群落と生態との関係,群落の物質的収支や群落の遷移,群落の分布などについて研究する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくぶつ‐しゃかいがく〔‐シヤクワイガク〕【植物社会学】

植物生態学の一分野。植物集団の種構成・構造・遷移、環境との関係などについて研究する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょくぶつしゃかいがく【植物社会学 plant sociology】

植物群落の単位,分類,構造,分布,環境,動態などを研究する植物生態学の一分野。狭義には,チューリヒ・モンペリエ学派(ZM学派)の研究方法による植物群落学を意味し,日本では現在その意味で使われている。この学派はチューリヒ大学のリューベルE.Rubelやモンペリエ大学のブラウン・ブランケJ.Braun‐Blanquetを中心に形成されたので,こうよばれる。植物社会学では,群落を構成する植物の間や環境との相互作用により植物群落が形成されると考える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

植物社会学の関連キーワードチューリヒ・モンペリエ学派J. ブラウン・ブランケカール シュレーター社会(生物学)群集(植物)シュレーター方形区植生

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android