椛の湖遺跡(読み)はなのこいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椛の湖遺跡
はなのこいせき

岐阜県中津川(なかつがわ)市上野にある、縄文時代草創期の遺跡。1957年(昭和32)に原寛(はらひろし)、紅村弘(こうむらひろし)によって発掘された。20~30センチメートルの遺物包含層は上下2層に分かれる。下層からは爪形文(つめがたもん)土器と直刃削器(ちょくじんさっき)、円刃掻器(えんじんそうき)、打製石鏃(せきぞく)、小型円形掻器や曽根(そね)型石核(せっかく)などが出土している。上層からは表裏に縄文の施文された丸底の深鉢形土器とともに、各種削器と掻器、打製石鏃、局部磨製石鏃、小形磨製石斧(せきふ)や矢柄(やがら)研磨器などが出土している。下層・上層の文化は、それぞれ椛の湖Ⅰ、同Ⅱと命名されている。

[渡辺 誠]

『原寛・紅村弘著『岐阜県恵那郡坂下町椛の湖遺跡調査報告書』(1974・坂下町教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる