コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椴法華 とどほっけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椴法華
とどほっけ

北海道南西部,函館市東部の旧村域。亀田半島の先端にある。 2004年函館市に編入。地名はアイヌ語のトゥポケ (岬の陰の意) に由来。イカ釣り,コンブ採取などの沿岸漁業ホタテガイなどの養殖事業も行なわれる。水無海浜温泉を含む恵山岬一帯は,恵山道立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

椴法華
とどほっけ

北海道南西部、渡島(おしま)支庁(現、渡島総合振興局)管内にあった旧村名(椴法華村(むら))。現在は函館(はこだて)市の南東部を占める一地区。2004年(平成16)、戸井(とい)町、恵山(えさん)町、南茅部(みなみかやべ)町とともに函館市に編入。旧村域は、亀田(かめだ)半島の先端部にあり、太平洋に臨む。名称の「椴法華」はアイヌ語のトウポケ(岬の陰の意)からの転訛(てんか)。国道278号が通じる。恵山の北西麓(ろく)にあたり、大部分は丘陵地で耕地は乏しく、シイタケが特産品。産業の中心は漁業で、コンブ、イカ、ホッケなどを漁獲する。水無(みずなし)海浜温泉、恵山灯台などは恵山道立自然公園域。[瀬川秀良]
『『椴法華村史』(1989・椴法華村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

椴法華の関連キーワード恵山(旧町名)北海道函館市函館(市)南茅部尻岸内支庁恵山戸井

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android