野村望東尼(読み)ノムラボウトウニ

  • のむらぼうとうに〔バウトウニ〕
  • のむらもとに
  • 野村望東尼 のむら-もとに

百科事典マイペディアの解説

幕末の歌人。〈のむらぼうとうに〉とも。本名もと。福岡藩士野村利三郎の後妻。大隈言道に入門。和歌,書を学ぶ。夫の死後剃髪。平野国臣西郷隆盛高杉晋作ら勤王派と交わり捕らわれて玄界灘姫島に幽閉,救出されて後に三田尻で死去。細緻(さいち)にして熱烈な歌風。歌集に《向陵集》,ほかに《上京日記》《姫島日記》等。
→関連項目大田垣蓮月

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

 江戸時代終わりごろの歌人です。もともとは福岡の出身で、夫が亡くなった後、になりますが、天皇の力を重くとらえていたので、流罪になってしまいます。下関山口に移り住んだ後に防府を訪れますが、防府で亡くなってしまいます。病気で寝こんだ高杉晋作[たかすぎしんさく]が「おもしろき事もなきにおもしろく」と上の句をよんだ後に、下の句「すみなすものはこころなりけり」とよんだと言われています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1806‐67(文化3‐慶応3)
江戸末期の女流歌人。〈ぼうとうに〉ともいう。名はもと。筑前黒田藩士浦野勝幸の三女。夫野村貞貫の後,出家して望東尼と称した。平野国臣,西郷隆盛,高杉晋作らと交わったが捕らえられて玄海の姫島に流された。高杉らに救い出されて周防に移りその地で没した。和歌を大隈言道(おおくまことみち)に学んだ。佐佐木信綱編《野村望東尼全集》がある。〈灯火の影のほのかに見ゆるだに旅ゆく夜半は嬉しかりけり〉(《向陵集》)。【竹下 数馬】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]文化3(1806).9.6. 福岡
[没]慶応3(1867).11.6/13. 周防,三田尻
江戸時代後期の女流歌人。「もとに」とも読む。俗名,もと。黒田藩士浦野勝常の3女。野村貞貫の後妻となり天保3 (1832) 年大隈言道に夫とともに入門。安政6 (59) 年夫と死別後に出家。高杉晋作,西郷隆盛ら勤王の志士と交わり,慶応1 (65) 年に捕われて玄海の姫島に流されたが,2年後に救出され,まもなく没した。歌風は清新。家集に自撰の『向陵 (こうりょう) 集』があり,『上京日記』『姫島日記』『防州日記』『夢かぞへ』などの著がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸末期の女流歌人。本名もと。「もとに」は「ぼうとうに」とも。福岡藩士野村貞貫の後妻となり、夫没後剃髪。和歌を大隈言道(ことみち)に学ぶ。勤王の志があり、高杉晉作、西郷隆盛らと親交があったため捕えられて姫島に流された。家集「向陵集」、歌文集「上京日記」「姫島日記」「夢かぞへ」などの著作がある。文化三~慶応三年(一八〇六‐六七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1806〜67
江戸末期の女流歌人・勤王家
名はもと。福岡藩士野村貞貫の妻,死別後剃髪。和歌を大隈言道 (ことみち) に学んだ。平野国臣 (くにおみ) ・高杉晋作ら志士を援助したため,1865年捕らえられ,玄界灘の姫島に流されたが,翌年救出された。著書に歌集『向陵集』『姫島日記』など。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の野村望東尼の言及

【野村望東尼】より

…和歌を大隈言道(おおくまことみち)に学んだ。佐佐木信綱編《野村望東尼全集》がある。〈灯火の影のほのかに見ゆるだに旅ゆく夜半は嬉しかりけり〉(《向陵集》)。…

【姫島】より

…水田はなく,かつては女子が対岸の農村へ出稼ぎにいく慣習があったが,現在は若者の多くが島を離れ,夫婦乗船の漁業が行われている。近世は福岡藩の流刑地で,唐津や壱岐を望む南西岸には1865年(慶応1)に配流された幕末の歌人野村望東尼の流島の碑と,復元された獄舎がある。志摩町岐志(きし)から定期船が通じる。…

※「野村望東尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android