コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楳図かずお ウメズカズオ

デジタル大辞泉の解説

うめず‐かずお〔うめヅかずを〕【楳図かずお】

[1936~ ]漫画家。和歌山の生まれ。本名、一雄。日本における恐怖漫画を確立。精巧なタッチと独特な世界観で人間の深層に潜む闇を描き出して絶大な人気を得る一方で、「まことちゃん」などのギャグ漫画も手がける。代表作「漂流教室」「わたしは真悟」「おろち」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

楳図かずお【うめずかずお】

漫画家。本名楳図一雄。奈良県五条市生れ。学生時代から漫画を手がけ,1954年単行本《別世界》でデビュー。五条高卒業後漫画家となり,貸本漫画をへて雑誌の少女漫画などを手がける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楳図かずお うめず-かずお

1936- 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和11年9月25日生まれ。奈良県立五条高3年生のとき「森の兄弟」「別世界」を出版。のち「少女フレンド」連載の「ねこ目の少女」「ママがこわい」などの恐怖漫画で人気を博す。昭和50年「漂流教室」で小学館漫画賞。和歌山県出身。本名は一雄。作品はほかに「まことちゃん」「おろち」「神の左手悪魔の右手」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

楳図かずおの関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

楳図かずおの関連情報