極地法(読み)キョクチホウ

  • きょくちほう ‥ハフ
  • きょくちほう〔ハフ〕

百科事典マイペディアの解説

ポーラーメソッドpolar method〉の。安全な地点にベースキャンプを設け,比較的連絡のとりやすい1日行程くらいの距離に次々と前進キャンプを設営し,各キャンプの隊員援助もと少数の隊員が頂上をアタックする登山法。極地探検での方法を取り入れたもので,ヒマラヤなどの大規模な登山には欠かせない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極地の探検で用いられたパーティーの運営方法で、現在は、高山あるいは登頂までのアプローチの長大な山を登るのに用いる。アメリカのピアリーが北極探検で用いたのが始めで、ベースキャンプを設営してから、順次前進キャンプを数か所設営しつつ人員、物資を進め、最終キャンプからアタックメンバーが目的地に到達する。多人数の登山や探検には安全度も高く有効な方法で、登山では1922年イギリスのエベレスト遠征隊が用いたのが最初で、日本では32年(昭和7)京都大学隊が富士登山に利用した。ヒマラヤ、アンデスなどの遠征登山では多く用いられている。効果的に目的を達するよう、キャンプの位置、キャンプ間の連絡、装備・食料の補給、メンバーの交代など綿密な計画に基づいて組織的に行うことが必要である。

 極地法と反対に少人数で短期間にメンバーも交代せずに目的地に到達する方法をラッシュタクティックスとよぶ。期間、費用も少なく、好天をねらって効果的に行えるところから近年ヒマラヤでも用いられているが、高度の技術をもったメンバーがそろっていることが必要であり、連絡などの問題からも極地法のほうが安全度は高いが、多人数のため機動性が低く費用も多額になる点が問題である。

[徳久球雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 探検、登山などの時、まず根拠地(ベースキャンプ)を置き、つぎに前進基地を順に前方に設けて目的地に到達する方法。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の極地法の言及

【アブルッツィ】より

…1899‐1900年には北極点を目ざした。登山の極地法はこのとき彼が用いたのが最初とされる。第1次世界大戦ではイタリア海軍司令長官をつとめた。…

【登山】より

…登山の形式としては,(1)一つの山で同じコースを登降する往復登山,(2)一峰または山脈などの一方の側から登山し,他の側に下りる横断登山,(3)いくつかの山頂を連ねて歩く縦走登山,(4)山麓あるいは山中に根拠地を置いて周囲の山々へ登降する放射状登山,(5)一つの山頂をめざして,数パーティが違うルートから登山する集中登山,(6)渓谷沿いに登降する遡行などがある。さらに,極地法と呼ばれる,大人数の支援を受けて次々とキャンプを設営し,最後に攻撃隊が頂上をきわめるという方法もあり,ヒマラヤなどで行われる。
[登山計画]
 まず目的の山を選び,登山期日を決め,隊(パーティ)のリーダーを決定する。…

※「極地法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極地法の関連情報