コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極東有事 きょくとうゆうじ

2件 の用語解説(極東有事の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

極東有事【きょくとうゆうじ】

日米安全保障条約にいう,極東地域における平和と安全を脅かす事態。同条約第6条では,そうした事態に備えるため日本は米国に基地を提供し,米軍のこの地域での活動を認めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

極東有事
きょくとうゆうじ

日本を含む北東アジア地域における武力紛争のうち、わが国の平和と安全に重大な影響をおよぼす事態。冷戦時代、日本の防衛政策はソ連を事実上の仮想敵国とし、ソ連の武力侵攻に備えるための防衛力整備を行ってきた。だが、1990年代以降はおもに、朝鮮半島台湾海峡での武力衝突が懸念されている。日米安全保障条約では、在日米軍極東有事に対処するために国内の基地を使用することを認めており、また、96年(平成8)4月に合意した日米安保共同宣言では日米防衛協力の強化、推進をうたい、自衛隊の対米支援が重要と位置付けられた。さらに99年5月には周辺事態法周辺事態に際してわが国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律)が制定され、わが国周辺の地域におけるわが国の平和および安全に重要な影響を与える事態に対応してわが国が実施する措置(後方地域支援、後方地域捜索救助活動など)、その実施の手続きなどが定められた。2003年(平成15)には、武力攻撃事態法の制定、安全保障会議設置法および自衛隊法の改正など、有事関連法の整備が進められた。[本谷夏樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極東有事の関連キーワード刑事特別法日米安全保障条約日米行政協定在日米軍日米安保共同宣言安全保障条約安保安保条約集団安全保障条約機構太平洋安全保障条約

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

極東有事の関連情報