コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊莫山 サカキバクザン

3件 の用語解説(榊莫山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さかき‐ばくざん【榊莫山】

[1926~2010]書家。三重の生まれ。本名、斉(はじむ)。若くして数々の賞を受賞するなど書壇で活躍したが、昭和33年(1958)に書壇から離れ、以後は無所属として活動した。絵に自作の詩を交えた「詩・書・画一体」の作品で知られる。テレビコマーシャルにも出演し、「莫山先生」の愛称で親しまれた。著作に「野の書」「空海書韻」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

榊莫山【さかきばくざん】

書家。京都府相楽郡出身。本名榊齊。1943年,三重師範学校(現三重大学)卒業。特定組織に属さず,自由な作風を貫く書家として知られるが,宝酒造の焼酎のロゴで全国的に注目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊莫山 さかき-ばくざん

1926-2010 昭和-平成時代の書家。
大正15年2月1日生まれ。辻本史邑(つじもと-しゆう)に書を,梅舒適(ばい-じょてき)に篆刻(てんこく)を学び,日本書芸院展の推薦一席を2年連続,前衛書の奎星(けいせい)展でも最高賞を3年連続で受賞して日本書芸院,奎星会の審査員となる。昭和33年,書壇を去り,無所属となる。生地伊賀で自由で独自な書風を確立した。平成22年10月3日死去。84歳。三重県出身。京大で学ぶ。本名は斉(はじむ)。著作に「野の書」「莫山の寒山拾得」「漢字ちょっといい話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

榊莫山の関連キーワード小坂奇石松下芝堂浅香鉄心金子卓義栗原蘆水黒野清宇桑田三舟小山やす子津金孝邦劉蒼居

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

榊莫山の関連情報