安宅関(読み)あたかのせき

百科事典マイペディアの解説

安宅関【あたかのせき】

石川県小松市安宅町,日本海岸の梯(かけはし)川河口にあったとみられる関所。1182年創設と伝えられる北陸道の要衝で,源義経の北国落ちを題材とした歌舞伎勧進帳》,謡曲《安宅》の舞台として有名。付近の二堂山上に関跡の碑が立つ。
→関連項目小松[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あたかのせき【安宅関】

伝説地名。《兵部式》は北陸道加賀国に安宅駅を記す。謡曲の《安宅》では,義経追捕のため設けられた新関とするが,出典の《義経記》には〈安宅の渡〉とするのみで,関はなく,《八雲御抄》には〈安宅橋〉があり関はない。ゆえに安宅関は謡曲により創り出されたもので歴史的実在ではないと考えられる。なお,石川県小松市安宅町寇浦(あだがうら)の小松市街の西,梯(かけはし)川の左岸には関の遺址と称する場所がある。【奥村 恒哉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安宅関の関連情報