名工柿右衛門(読み)めいこうかきえもん

世界大百科事典 第2版の解説

めいこうかきえもん【名工柿右衛門】

戯曲。3幕。榎本虎彦作。1912年11月東京歌舞伎座初演。配役は陶工柿右衛門を11世片岡仁左衛門,弟子栗作を15世市村羽左衛門,妹娘おたねを5世中村歌右衛門など。中村正直訳《西国立志編》第3編〈三陶工の伝〉の翻案脚色であるが,すでに1872年京都北の芝居に佐橋富三郎脚色《其粉色陶器交易(そのいろどりとうきのこうえき)》が上演され,ユジェーヌ・ブリウの《ベルナール・パリッシー》(1880)もあって,両者の影響も推察される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名工柿右衛門
めいこうかきえもん

榎本虎彦(えのもととらひこ)の戯曲。3幕。1912年(大正1)11月東京歌舞伎座(かぶきざ)で11世片岡仁左衛門(にざえもん)の主演により初演。肥前の陶工柿右衛門は、15年来赤絵の皿をつくろうと苦心を重ねている。この柿右衛門が弟子の栗作(くりさく)と末娘のおたねの協力で、ついに赤絵の皿を完成するまでの話を軸に、柿右衛門との友誼(ゆうぎ)を踏みにじる陶商五兵衛、そのため婚約が破れ自殺する姉娘のお通の話を絡ませ、名人気質(かたぎ)の陶工の姿を浮き彫りにしている。スマイルズ著『自助論(セルフ・ヘルプ)』を翻訳した中村正直(まさなお)の『西国立志編(さいごくりっしへん)』のパリッシーの話から翻案した作。仁左衛門一世の当り役で、片岡家の家の芸となった。[水落 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

名工柿右衛門
めいこう かきえもん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
榎本虎彦
初演
大正1.11(東京・歌舞伎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android