標の山(読み)ヒョウノヤマ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐の‐やま〔ヘウ‐〕【標の山】

大嘗祭(だいじょうさい)のとき、大嘗宮の前に悠紀(ゆき)主基(すき)の両国の役人が立ち並ぶ位置を示すための目印。山形に作り、榊(さかき)木綿(ゆう)・日月などの装飾を施したもので、各地の祭礼にみられる鉾(ほこ)などの原型とされる。山(しめやま)。しるしのやま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうのやま【標の山】

大嘗だいじよう祭に悠紀ゆき・主基すき両国の国司の並ぶ位置を示すために置く山形。木綿ゆう・榊・日月などで飾り、卯の日に斎場より大嘗宮へ引き入れる。現在の祇園祭の山鉾やまぼこはこれが大規模化したもの。標山しめやま。しるしのやま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しるし【標】 の 山(やま)

ひょう【標】 の 山(やま)

天皇が即位する大嘗祭(だいじょうさい)の時、大嘗宮の前に悠紀(ゆき)・主基(すき)の両国の役人が立ち並ぶ位置を示すための目じるしの榊(さかき)。山の形を作り、木綿(ゆう)や日月などの装飾が施され、大嘗祭の前の卯の日に、斎場から供え物といっしょに運び込まれる。月日の山。ひおのやま。ひのやま。しるしのやま。
※中右記‐寛治元年(1087)一一月一九日「両国引標山、国司等着、小忌行事辨同着之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android