標の山(読み)ひょうのやま

精選版 日本国語大辞典「標の山」の解説

ひょう【標】 の 山(やま)

天皇が即位する大嘗祭(だいじょうさい)の時、大嘗宮の前に悠紀(ゆき)・主基(すき)両国役人が立ち並ぶ位置を示すための目じるしの榊(さかき)。山の形を作り、木綿(ゆう)や日月などの装飾が施され、大嘗祭の前の卯の日に、斎場から供え物といっしょに運び込まれる。月日の山。ひおのやま。ひのやま。しるしのやま。
※中右記‐寛治元年(1087)一一月一九日「両国引標山、国司等着、小忌行事辨同着之」

しるし【標】 の 山(やま)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「標の山」の解説

ひょう‐の‐やま〔ヘウ‐〕【標の山】

大嘗祭だいじょうさいのとき、大嘗宮の前に悠紀ゆき主基すきの両国の役人が立ち並ぶ位置を示すための目印。山形に作り、さかき木綿ゆう・日月などの装飾を施したもので、各地の祭礼にみられるほこなどの原型とされる。標山しめやま。しるしのやま。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android