コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊/賢木 サカキ

デジタル大辞泉の解説

さか‐き【×榊/賢木】

《栄える木の意か。一説に境の木の意とも》
神木として神に供せられる常緑樹の総称。
ツバキ科の常緑小高木。関東以西の山林中に自生し、高さ約5メートル。葉は互生し、やや倒卵形で先が細く、つやがあって堅い。夏、白い花をつけ、実は熟すと黒くなる。神事に用い、神社などによく植えられる。 花=夏》
(賢木)源氏物語第10巻の巻名。光源氏、23歳から25歳。桐壺帝崩御藤壺出家、源氏と朧月夜(おぼろづくよ)との仲が露見して追放の画策をされることなどを描く。
[補説]「榊」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかき【榊】

御神楽(みかぐら)に歌う神楽歌の曲名。採物(とりもの)といわれる一群の歌の最初の曲。採物とは御神楽の人長(にんぢよう)が手にする呪物にちなむ歌詞を持つ歌のことで,古くは《榊》以下9種,あるいは《韓神(からかみ)》を加えて10種の歌があったが,現行は《榊》と《韓神》それに神嘗祭にだけ歌われる《幣(みてぐら)》の3曲のみである。古来御神楽の人長は榊の枝を持って舞う。ただし《韓神》以外の採物には舞はなく,歌だけである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

榊 (サカキ)

学名:Cleyera japonica
植物。ツバキ科の常緑高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

榊/賢木の関連キーワードアメノフトダマノミコト(天太玉命)玉串料と真榊(まさかき)東京都台東区蔵前この愛に生きて真榊・真賢木御裳濯川の末竹垣 純信賀茂の御生春日の神木木綿四手御阿礼木採物の歌桜戸玉緒竹垣純信香取秀真神木動座月に磨く倒卵形山向け片苦し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android