樽俎折衝(読み)ソンソセッショウ

精選版 日本国語大辞典の解説

そんそ‐せっしょう【樽俎折衝】

〘名〙 酒席の談笑の中で平和的に交渉を進め、相手方の気勢をかわして有利に交渉すること。転じて、相手方との交渉のかけひき。
※我観小景(1892)〈三宅雪嶺〉死「国際の談判、尊俎折衝の際に当ては、機変縦横、敵手を騙瞞して、股掌の間に翻弄するも、以て薄と為さず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android