機械的唯物論(読み)キカイテキユイブツロン

大辞林 第三版の解説

きかいてきゆいぶつろん【機械的唯物論】

有機的生命の世界や人間の意識の世界も、自然科学的機械的法則によって説明できるとする考え。一八世紀フランス唯物論者が代表的。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きかいてき‐ゆいぶつろん【機械的唯物論】

〘名〙 世界の事物いっさいの生成と変化の過程を物質的な機械的因果関係に基づいて説明しようとする立場。つまり、人間の意識の世界も物理的生物的自然界と同質なものとみなし、そこには同質、同一の力学的法則が貫いているとして、それによって説明しようとする立場。代表者はデモクリトス、ホッブズ、ディドロ、ラ=メトリなど。機械論的唯物論
※学生と読書(1938)〈河合栄治郎編〉読書の回顧〈戸田武雄〉三「機械的唯物論と弁証法的唯物論との問題、一般に価値判断の問題については」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android