コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機織歌 はたおりうた

1件 の用語解説(機織歌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はたおりうた【機織歌】

民謡で,機を織るときに歌う労作歌。古くは〈居坐機(いざりばた)(地機(じばた))〉という,女子が尻を地面につけて,チャンカラチャンカラと横糸を通す杼(ひ)を左右にさし入れる機で,家の中で織っていたが,機織歌はおもにそのころの作業歌として歌われた。《俚謡集》に愛媛県松山地方の機織歌として,〈機を織り織り道の人見れば お手はお留守で縞織り違え 隣のおばさんそこに立って見より わしの顔見てへらへら笑う 笑うおばさんあなうとましや 道のあの人ははや影見えん〉とあるように,元来は長い調子の緩やかな歌であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

機織歌の関連キーワード労作歌機場機屋耳糸紙漉き歌草刈歌口説き歌仕事歌田打ち歌苗取り歌

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone