コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜物師 ヒモノシ

3件 の用語解説(檜物師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひもの‐し【×檜物師】

檜物細工の職人。檜物工(ひものだくみ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひものし【檜物師】

檜物はもともとヒノキの材でつくった薄い曲物(まげもの)をいったが,後にはひろく曲物の総称となった。曲物は薄板を曲げ円形または楕円形につくった容器で,箍(たが)を用いず,桜や樺の皮を細く割いたものでとじたものである。竹の箍でしめた桶,樽がつくられる以前は,水やしょうゆなどの容器としては,こうした曲物か刳物(くりもの)が使われていた。檜物師の道具にはいろいろな形の小刀と鐁(鉇)(やりがんな)があった。その製品にはメンツ,ワッパと呼ぶ弁当箱,柄杓(ひしやく),三宝,飯櫃(めしびつ),苧桶(おぼけ),蒸籠(せいろう),篩(ふるい)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檜物師
ひものし

15世紀ころから、木材加工の曲物(まげもの)や造物(つくりもの)など生活用具をつくった職人。曲物は檜(ひのき)の薄い板を曲げて円くし、樺(かば)や桜の細い皮で綴(と)じたもの。檜物ともいった。17世紀には杉、槙(まき)も材料とし造物もつくった。造物は曲物の技法で方形にしたもの。曲物を専門にするものを曲物師といった。居職(いじょく)で、販売を兼ねたものは檜物屋である。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone