コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

5件 の用語解説(次の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じ【次】

[名]
つぎのもの。つぎ。「年度」
化学で、酸素酸などの一つの系統の化合物中、酸化の程度が標準的なものより低いことを表す語。「亜」よりさらに低いことを表す語。「亜硝酸」
[接尾]助数詞。度数・回数などを数えるのに用いる。「二方程式」「第二募集」

じ【次】[漢字項目]

[音](慣) (呉)(漢) [訓]つぐ つぎ
学習漢字]3年
〈ジ〉
つぐ。つぎ。二番目。「次回次官次期次席次長次男
順序。「式次順次序次席次漸次(ぜんじ)逐次年次目次
ついで。途中。「途次路次
回数や順序を示す語。「今次数次両次
宿る。宿る所。「宿次」
星の宿り。「歳次
〈シ〉順序。「次第
〈つぎ〉「次次五十三次
[難読]次官(すけ)月次(つきなみ)

つぎ【次】

すぐあとに続くこと。また、そのもの。「の日曜」「の角を曲がる」
あるものに続く地位。一段低い地位。また、一段劣ること。「主峰のに位置する」
座敷に続く控えの間。次の間(ま)。
「酒も膳も慌てて―に運ぶのである」〈小杉天外魔風恋風
宿場。駅。「東海道五十三

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じ【次】

( 接尾 )
助数詞。回数・順序などを表す。 「第一-探検隊」

つぎ【次】

あとにすぐ続くこと。また、そのもの。 「 -の機会にする」 「 -から-へと仕事を変える」 「 -はだれだ」
位置・場所のすぐ続いていること。 「 -の間」
あるものより一段低い地位。すぐ下の順位。 「部長の-の人」
宿しゆく。宿駅。うまや。 「東海道五十三-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

次の関連情報