正反対(読み)セイハンタイ

デジタル大辞泉の解説

せい‐はんたい【正反対】

[名・形動]全く反対であること。まるで逆なこと。また、そのさま。「正反対な(の)考え方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいはんたい【正反対】

( 名 ・形動 )
全く反対である・こと(さま)。あべこべ。 「 -なことを言う」 「 -の立場」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せい‐はんたい【正反対】

〘名〙 (形動) まったく反対であること。まるで、あべこべであること。また、そのさま。
※小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉一二「祖父(ぢぢい)とは、なる可く正反対(セイハンタイ)に有らせ度いと」
田舎教師(1909)〈田山花袋〉一五「其言葉の陰には丸でこれと正反対の心がかくれて居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正反対の関連情報