正反対(読み)せいはんたい

精選版 日本国語大辞典「正反対」の解説

せい‐はんたい【正反対】

〙 (形動) まったく反対であること。まるで、あべこべであること。また、そのさま。
小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉一二「祖父(ぢぢい)とは、なる可く正反対(セイハンタイ)に有らせ度いと」
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉一五「其言葉のには丸でこれと正反対の心がかくれて居た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「正反対」の解説

せい‐はんたい【正反対】

[名・形動]全く反対であること。まるでなこと。また、そのさま。「正反対な(の)考え方」
[類語]反対ぎゃく逆様さかさまさかあべこべかえって裏腹うらはら裏返し裏表うらおもて右左みぎひだり上下うえした後ろ前真逆本末転倒主客転倒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android