主客転倒(読み)しゅかくてんとう

四字熟語を知る辞典「主客転倒」の解説

主客転倒

主人との立場がになること。転じて、人の立場・順序・軽重などが逆になること。

[活用] ―する。

[使用例] 主客顛倒ので、今度は藤井が、苦りきってそっぽを向くのを[里見弴*大道無門|1926]

[使用例] 主客転倒すれば、かくも見る気持ちがちがうものかと私は驚いた[上林暁*揚雲雀|1956]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「主客転倒」の解説

しゅかく‐てんとう〔‐テンタウ〕【主客転倒/主客×顛倒】

[名](スル)主と客の力関係が逆になること。物事の軽重・本末などを取り違えること。「―した議論」
[類語]反対ぎゃく逆様さかさまさかあべこべかえって裏腹うらはら裏返し裏表うらおもて右左みぎひだり上下うえした後ろ前正反対真逆本末転倒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android