逆様(読み)サカサマ

デジタル大辞泉「逆様」の解説

さか‐さま【逆様/倒】

[名・形動]
物事の上下・左右・前後・裏表などの関係が本来の状態とは反対になっていること。また、そのさま。ぎゃく。さかさ。さかしま。「―から読んでも同じ言葉」「セーターを裏表―に着る」「壁の絵が―だ」
道理や事実に反すること。また、そのさま。さかさ。さかしま。「言う事とする事が―だ」「娘に説教されるとは―だ」
特に、子が親より先に死ぬこと。
「―ながら御回向ゑかうを、受けますこともあらうも知れず」〈人・娘節用・三〉
[類語]反対あべこべ裏腹逆さ裏返し裏表うらおもて右左みぎひだり上下うえした後ろ前正反対真逆本末転倒主客転倒裏返すひっくり返す覆す翻す倒す跳ね返す転覆逆転転がす転ばすかす寝かす横たえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android