本末転倒(読み)ほんまつてんとう

四字熟語を知る辞典「本末転倒」の解説

本末転倒

根本の大切なことと、末端のつまらないこととを取り違えること。

[活用] ―する。

[使用例] 凌辱の方を問題にして、殺人の方を問題にしないとはおかしな話ではないか。本末顚倒だ[火野葦平*青春と泥濘|1947~49]

[使用例] よく、子供が多くてということを言うが、〈〉子供は一家運営の基礎ではない。本末顚倒している[幸田文*みそっかす|1949~50]

[解説] 「転倒」は古くは多く「顚倒」と書きました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「本末転倒」の解説

ほんまつ‐てんとう ‥テンタウ【本末転倒】

〘名〙 根本の大切な事と、枝葉のつまらない事とを取り違えること。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉一二「商人がいろいろな奢侈贅沢品を作り出して之を販売すればこそ買ふ人もあるといふやうに考へられるけれども、は本末顛倒の見方なので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本末転倒」の解説

ほんまつ‐てんとう〔‐テンタウ〕【本末転倒】

[名](スル)根本的で重要なこととささいでつまらないことを取り違えること。「本末転倒もはなはだしい」「本末転倒した考え」
[類語]思い違い誤解勘違い心得違い曲解混同取り違える反対ぎゃく逆様さかさまさかあべこべかえって裏腹うらはら裏返し裏表うらおもて右左みぎひだり上下うえした後ろ前正反対真逆主客転倒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android