本末転倒(読み)ホンマツテントウ

  • ほんまつてんとう ‥テンタウ
  • ほんまつてんとう〔テンタウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)根本的で重要なこととささいでつまらないことを取り違えること。「本末転倒もはなはだしい」「本末転倒した考え」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 根本の大切な事と、枝葉のつまらない事とを取り違えること。
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉一二「商人がいろいろな奢侈贅沢品を作り出して之を販売すればこそ買ふ人もあるといふやうに考へられるけれども、其は本末顛倒の見方なので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

根本の大切なことと、末端のつまらないこととを取り違えること。

[活用] ―する。

[使用例] 凌辱の方を問題にして、殺人の方を問題にしないとはおかしな話ではないか。本末顚倒だ[火野葦平*青春と泥濘|1947~49]

[使用例] よく、子供が多くてということを言うが、〈〉子供は一家運営の基礎ではない。本末顚倒している[幸田文*みそっかす|1949~50]

[解説] 「転倒」は古くは多く「顚倒」と書きました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本末転倒の関連情報