あべこべ

精選版 日本国語大辞典「あべこべ」の解説

あべ‐こべ

〘名〙 (形動)
① 物事の順序、位置、関係などが本来の逆になっていること、また、そのさま。また、普通とは単に反対であるさまにもいう。さかさま。
※洒落本・無頼通説法(1779)「愚そうが大通とはアベコベでござる」
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一八「高柳を見送って、反対(アベコベ)な方角へ一町ばかりも歩いて行った頃」
② 米を売ったあと相場が上がり、買ったあとに相場が下がって損をすることをいう、大阪堂島の米市用語。
※稲の穂(1842‐幕末頃)「売ば上る、買ば下る、此度々に煎余し投げの商内して損したを、アベコベと言」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「あべこべ」の解説

あべ‐こべ

[名・形動]位置・順序・方向などが通常の状態とは反対であること。また、そのさま。さかさま。逆。「あべこべな(の)意見」「手順があべこべだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android