コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正徳・享保金銀 しょうとく・きょうほうきんぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正徳・享保金銀
しょうとく・きょうほうきんぎん

江戸時代,正徳4 (1714) 年5月から元文1 (36) 年5月までに鋳造,流通した貨幣の総称。元禄~宝永年間 (1688~1711) に鋳造された悪貨慶長金銀と同貨の良質に復すという新井白石の主張に従って,改鋳されたもので,大判小判一分金丁銀豆板銀などがあった。大判は享保9 (24) 年,その他は正徳4年に鋳造されはじめた。しかし改鋳貨幣の価値上昇に伴う諸物価の下落によって,当時の経済界を混乱させる結果となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

正徳・享保金銀の関連キーワード元文金銀元禄金銀江戸時代正徳の治正徳金銀

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android