コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元文金銀 げんぶんきんぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元文金銀
げんぶんきんぎん

元文1 (1736) 年,8代将軍徳川吉宗のとき改鋳発行された金銀貨幣。正徳・享保金銀など良質貨幣の流通によって諸物価が暴落し通用金銀が不足したため,改鋳して質を落しその数をふやして経済の安定をはかった。極印に「文」の字があるところから,文字金,文字銀,またのちの文政金銀とを区別して古文字・真文字金銀などともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんぶん‐きんぎん【元文金銀】

江戸幕府が元文元年(1736)から発行した金貨銀貨裏面に「文」の字の極印があり、文字(ぶんじ)金銀ともいう。古文字金銀。真文字金銀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

元文金銀【げんぶんきんぎん】

江戸時代,1736年(元文1年)から鋳造・流通した貨幣。真文字(しんもじ)金銀とも。正徳(しょうとく)金銀享保(きょうほう)金銀に代わり,品位を落として改鋳した貨幣(小判・丁銀など)。
→関連項目大岡忠相

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんぶんきんぎん【元文金銀】

真文字金銀ともいう。1736年(元文1)正徳・享保期の金銀貨を改鋳した元文小判,同一分金,同丁銀,同豆板銀をいう。正徳・享保期の貨幣改鋳による良貨政策のため,貨幣流通量が減少し,景気が沈滞していたので,江戸幕府は元文期の改鋳では再び悪鋳に踏み切り,物価の調整を行い,景気を持ち直した。そのため元文金銀は80年以上にわたって通用した。金銀貨のほか,39年には鉄銭の寛永通宝(1文通用)が発行された。【作道 洋太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんぶんきんぎん【元文金銀】

江戸幕府が1736年(元文1)から鋳造した金貨と銀貨。「文」の字の極印があるので文字ぶんじ金銀と呼ばれるが、のちの文政金銀と区別して古文字金銀ともいう。真文字金銀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の元文金銀の言及

【米価】より

…とくに享保期(1716‐36)の低水準が前後の時代と際立っているが,これは経済の発展に応じて貨幣増鋳が必要とされ,そのためにはある程度の貨幣の質の低下が不可避であったにもかかわらず,あえて貨幣良鋳・収縮政策をとったことによる。つづく1736年(元文1)‐1818年(文政1)の元文金銀の時代は,米価は比較的安定し,中央市場では横ばいないし若干低落気味であった。ただ,九州,信州,出羽のような遠隔地では若干上昇気味に推移し,いずれも中央より低水準であったので,価格差がそれだけ縮小する結果となった。…

※「元文金銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

元文金銀の関連キーワード江戸時代(年表)正徳金銀元禄金銀享保金銀