コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元禄金銀 げんろくきんぎん

5件 の用語解説(元禄金銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元禄金銀
げんろくきんぎん

元字金銀ともいう。元禄8 (1695) 年,荻原重秀の建策によって江戸幕府が,幕府の財政難,金銀の市場需要の増大,金銀採掘量の減退などに対処するために,従来の慶長金銀より質を落して改鋳発行した金銀貨幣。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

元禄金銀【げんろくきんぎん】

1695年(元禄8年)に慶長(けいちょう)金銀より品位を落として改鋳された貨幣。元字(げんじ)金・元字銀とも。幕府は,荻原重秀(おぎわらしげひで)の建議により,経済発展に伴う貨幣数量増大,貿易による金銀貨の海外流出と金銀産出高の減退への対応,改鋳益金収得による幕府財政窮乏緩和などを目的として,元禄大判・小判・一分(いちぶ)金・丁銀・豆板(まめいた)銀を改鋳。
→関連項目元文金銀元禄時代

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんろくきんぎん【元禄金銀】

元字金,元字銀ともいう。1695年(元禄8)慶長金銀を改鋳した元禄大判,同小判,同一分金,同二朱金,同丁銀,同豆板銀をいう。元禄の改鋳に際して,慶長金銀よりも品位は改悪されたが,貨幣流通量の増加には貢献した。幕府は改鋳にあたり,〈金銀極印(ごくいん)古く成り候に付,吹き直すべき旨仰せ出され,云々〉という触書を発したが,幕府財政の窮乏を緩和するための改鋳益金(出目(でめ))の収得,経済発展にともなう貨幣数量増大への必要性,貿易による金銀貨の海外流出傾向への対策,諸国鉱山における金銀産出量の減退など,こうした事態への対応をせまられていたことにその理由が求められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんろくきんぎん【元禄金銀】

江戸幕府が、1695年(元禄8)改鋳した金銀貨で、元禄大判金・元禄小判金・元禄一分判金・元禄二朱判金・元禄丁銀・元禄豆板銀の総称。「元」字の極印がある。元字金・元字銀。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元禄金銀
げんろくきんぎん

慶長(けいちょう)(1596~1615)の幕府通貨統一のあと、1695年(元禄8)に初めて改鋳された金銀貨。87%の純分率をもつ慶長小判(こばん)、一分判(いちぶばん)は57%に、80%の慶長丁銀(ちょうぎん)、小玉銀(こだまぎん)は64%に、それぞれ質が落とされた。また97年、新たに同品位の二朱金(にしゅきん)も発行。幕府が90年間以上流通した慶長金銀貨をあえて改鋳した理由としては、改鋳出目(でめ)益をねらう幕府財政事情、改鋳手数料収益にあずかる金・銀座商人と時の勘定組頭荻原重秀(おぎわらしげひで)の結託などがあるが、基本的には貨幣経済の発展に見合う流通貨幣量の増大にあった。ただ、銀貨に比し金貨の減価率が大であったため、その後正徳(しょうとく)期(1711~16)にかけてたび重なる銀貨の悪鋳を招くこととなり、経済は大きく混乱した。[岩橋 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の元禄金銀の言及

【荻原重秀】より

…徳川氏に仕え,父種重は蔵米200俵をうける勘定所下役。彼も勘定所下役から出発,延宝(1673‐81)の畿内総検地で頭角をあらわし,将軍綱吉初政に断行された総代官の会計検査に特命されて当たったといわれ,1687年(貞享4)に勘定頭差添役(のちの勘定吟味役)に進み,95年(元禄8)には彼の建議により,いわゆる元禄の改鋳がおこなわれ(元禄金銀),96年には勘定頭に栄進,以降1712年(正徳2)までその職にあって幕府の財政問題を主宰した。彼の改鋳は悪貨を出して改鋳差益金(出目)を稼ぐとともに,物価を混乱させたと非難する者も少なくないが,(1)元禄期の拡大された経済に見合う通貨を供給する,(2)金銀両通貨圏のバランスを取り直すための両通貨の品位の調節という積極面を見落とすことはできない。…

※「元禄金銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元禄金銀の関連キーワード永字銀乾字金元字金正字金政字銀文字金宝字銀元禄金元禄銀元字銀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone