コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正徳金銀 ショウトクキンギン

百科事典マイペディアの解説

正徳金銀【しょうとくきんぎん】

江戸時代,1714年(正徳4年)5月から1716年の間に鋳造・流通した貨幣。元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)期(1688年―1711年)に金銀貨の品位を低下させて通貨量の増大を図ったため,物価は上昇し,通貨に対する信用が失われた。
→関連項目元文金銀宝永金銀

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうとくきんぎん【正徳金銀】

江戸時代、宝永の悪貨に代えて正徳4年から鋳造した金貨・銀貨。小判・一分判・丁銀・豆板銀があり、品位は慶長金銀と同じ。享保年間(1716~1736)に長く出回ったので正徳享保金銀ともいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

正徳金銀
しょうとくきんぎん

1714年(正徳4)新井白石(あらいはくせき)の建言により、元禄(げんろく)時代の悪貨を是正するために発行された慶長(けいちょう)金銀と同品位の貨幣。金貨は小判(武蔵(むさし)小判)と一分金(武蔵一分金)、銀貨は丁銀(四つ宝丁銀)と豆板銀がつくられた。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の正徳金銀の言及

【正徳・享保金銀】より

…元禄・宝永期(1688‐1711)の貨幣改鋳(元禄金銀)により,幕府は金銀貨の品位を低下させて通貨量の増大をはかったため,物価は上昇し,通貨に対する信用が失われた。7代将軍徳川家継の補佐役新井白石は1714年(正徳4)5月,改鋳益金によって華美な奢侈的生活をしていた銀座年寄の中村内蔵助らの粛清を断行し,慶長金貨と同品位の正徳小判,正徳一分金を発行,さらに同年8月には慶長銀貨と同品位の正徳丁銀,豆板銀を造った(正徳金銀)。16年(享保1)8代将軍となった吉宗は享保改革に着手した。…

【正徳の治】より

…12年家宣死後も,間部詮房と新井白石は幼将軍家継を擁して幕政推進の中心に立った。そうして家宣の遺言の権威を背景に通貨改良に努力し,14年に慶長金銀と同質の正徳金銀の発行を実現した。これには勘定吟味役に登用された萩原美雅(よしまさ)の協力と,堺の商人谷長右衛門の助言があずかって大きかった。…

※「正徳金銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正徳金銀の関連キーワード江戸時代(年表)正徳・享保金銀徳川家継杉岡能連江戸時代慶長金銀谷安殷

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android