コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正長の一揆(読み)しょうちょうのいっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正長の一揆
しょうちょうのいっき

正長1 (1428) 年9月室町幕府に徳政を要求して,近江,大和,伊賀,伊勢,紀伊,和泉,河内などの諸国で起きた一揆。近江の馬借一揆に端を発したこの一揆は,山城に波及し,山科,醍醐付近の地下人をも蜂起させ,徳政を要求して京都に乱入し,酒屋,土倉を襲撃した。幕府が一揆禁止令を出すと,さらに奈良に波及して激しく荒れ狂った。大乗院尋尊はその日記のなかで「一天下の土民蜂起す。徳政と号し,酒屋,土倉,寺院などを破却せしめ,雑物 (ぞうもつ) などほしいままにこれを取り,借銭などことごとくこれを破る。管領これを成敗す。日本国開闢 (かいびゃく) 以来,土民蜂起これ初めなり」と述べている。 (→徳政一揆 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android