コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬借一揆 ばしゃくいっき

5件 の用語解説(馬借一揆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬借一揆
ばしゃくいっき

室町時代,馬借が主体となって起した土一揆。馬借は平生から集団で行動し,また都市と農村を結ぶ街道を通行していて諸般の情勢に明るかったから,しばしば徳政令の発布などを要求して活躍した。応永 25 (1418) 年6月 25日大津の馬借が祇園 (八坂神社) の神輿を奉じて強訴した一揆,同 33年6月8日坂本の馬借が京都に乱入し,北野社の公文所 (くもんじょ) を焼打ちしようとした一揆,正長1 (28) 年 11月山城,大和,近江などの馬借が徳政を要求して起した一揆などは有名であり,文明 17 (85) 年の山城国一揆にも参加している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ばしゃく‐いっき【馬借一×揆】

室町時代、馬借が中心になって、徳政令の発布や新関の撤廃を要求して起こした土一揆

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

馬借一揆【ばしゃくいっき】

中世後期の主要な陸上輸送業者であった馬借が蜂起した一揆。本来は延暦(えんりゃく)寺による強訴(ごうそ)の一環として登場したが,のちに土一揆の先頭を切った行動として注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ばしゃくいっき【馬借一揆】

中世後期に陸上運輸業者の馬借が集団で蜂起した事件。土一揆(つちいつき)の先頭を切った行動として注目されているが,元来山門の強(嗷)訴(ごうそ)の一環として登場した事件である。1379年(天授5∥康暦1)6月,近江坂本の馬借1000余人が京の祇園社に討ち入ったというのが初見で(八坂神社〈社家記録〉),山徒(山門の下級僧侶)の一員でありながら幕府と結託して権勢を振るった円明坊と,関のことで争ったことが原因であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ばしゃくいっき【馬借一揆】

室町時代、馬借が主体となりあるいは指導して起こした土一揆。1428年(正長1)の一揆(正長の土一揆)は有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬借一揆の関連キーワード土一揆徳政一揆補助事業公設国営正長の土一揆意雲播磨国の土一揆備中の土一揆山城土一揆

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone