コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死の商人 しのしょうにんmerchant of death

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死の商人
しのしょうにん
merchant of death

武器弾薬を製造販売する者で,戦争によって私利をはかることから,こう呼ばれる。 1934年に組織されたアメリカ上院のナイ委員会が第1次世界大戦中のその実態を明らかにしたが,今日では軍産複合体として大きな問題となっている。しかも,近年の傾向として兵器産業に加え,貿易政策の重要な柱として国家が対外武器売却に積極的に関与するようになった。アジア,アフリカ諸国に中古武器を売りつけたり,紛争地域における勢力均衡の維持を名目に熾烈な武器輸出競争を演じているのが実態である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐の‐しょうにん〔‐シヤウニン〕【死の商人】

営利本位に兵器を製造・販売する業者資本。中世ヨーロッパで、敵味方を問わず武器を売り込んだ商人をいった語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

死の商人【しのしょうにん】

戦争を利潤獲得の手段として兵器などの軍需品を生産・販売する資本家や企業。しばしば戦争挑発の一翼をになう。ザハロフクルップイーゲー・ファルベンデュポン財閥などが世界的に有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しのしょうにん【死の商人】

武器を売りつける商人。また、軍需産業に携わり巨利を得る資本家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の死の商人の言及

【武器輸出】より

…また,輸出入を併せて武器貿易arms tradeという言葉も一般化しているが,この場合も統計上は無償移転を含めるのが普通である。第2次世界大戦前の武器輸出はもっぱら商業的利益の追求をめざす特定の業者によって行われることが多かった(これらの業者の暗躍ぶりはしばしば〈死の商人〉と呼ばれた)。
[第2次大戦後]
 第2次大戦後は主として大国の政策に基づき,大国の政府の管理の下に武器輸出が行われるようになった。…

※「死の商人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

死の商人の関連キーワードイーゲー・ファルベン[会社]アルフリート クルップクルップ[会社]人類最後の日々B. ザハロフ岡倉 古志郎岡倉古志郎軍需産業巨利

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死の商人の関連情報