コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿上闇討 てんじょうのやみうち

1件 の用語解説(殿上闇討の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんじょうのやみうち【殿上闇討】

平曲の曲名。平物(ひらもの)。平忠盛は,鳥羽院の念願にこたえて得長寿院を造立した功により,36歳で初めて昇殿を許された。殿上人(てんじようびと)たちがそれを不快に思い,五節(ごせち)の豊明節会(とよのあかりのせちえ)のおりに忠盛を闇討ちにしようと計画した。それを知った忠盛は大きな太刀を帯びて参内し,また郎等の家貞が庭前の片隅に控えたりしたので,闇討ちは実行されなかった。節会の宴で,人々は〈伊勢の瓶子(へいし)は酢瓶(すがめ)なりけり〉と歌って,伊勢平氏の忠盛が眇目(すがめ)(斜視)であることをからかった(〈中音(ちゆうおん)・初重(しよじゆう)〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone