コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殿上闇討 てんじょうのやみうち

1件 の用語解説(殿上闇討の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てんじょうのやみうち【殿上闇討】

平曲の曲名。平物(ひらもの)。平忠盛は,鳥羽院の念願にこたえて得長寿院を造立した功により,36歳で初めて昇殿を許された。殿上人(てんじようびと)たちがそれを不快に思い,五節(ごせち)の豊明節会(とよのあかりのせちえ)のおりに忠盛を闇討ちにしようと計画した。それを知った忠盛は大きな太刀を帯びて参内し,また郎等の家貞が庭前の片隅に控えたりしたので,闇討ちは実行されなかった。節会の宴で,人々は〈伊勢の瓶子(へいし)は酢瓶(すがめ)なりけり〉と歌って,伊勢平氏の忠盛が眇目(すがめ)(斜視)であることをからかった(〈中音(ちゆうおん)・初重(しよじゆう)〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

殿上闇討の関連キーワード秋風の曲平忠盛千鳥の曲金平物啄木平物席田楊真操流泉蘆刈

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone