コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母権 ボケン

大辞林 第三版の解説

ぼけん【母権】

母としての権利。
母系社会で、母方の系統がもっている権力。 「 -家族」 → 母系
▽↔ 父権

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

母権
ぼけん
Mutterrechtドイツ語

スイスの法学者、人類学者バッハオーフェンが、1861年に著した『母権論』で最初に提起された概念。彼によれば、母権ないしは女人政治制は、ギリシア系民族のリキア人の風習が示すように、子が母の姓、身分に従うもので、デメテル(ギリシア神話の地母神)的産出地母神の原理をその基盤とし、父権原理に先行するものとした。乱婚→母権(母系)→父権(父系)という考え方は、19世紀の進化主義的人類学のなかで広く受け入れられ、モルガンをはじめ多くの人類学者がこの立場にたって世界史の再編成を試みた。一方、文化史学派は、母権制の基礎を、低次農耕と女性の労働という経済的基盤に求め議論を展開した。しかし、母権のなかに含まれる種々な要素を検討すると、現実にそれにふさわしい社会は存在せず、今日では母権という語は使用されていない。[青柳まちこ]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

母権の関連キーワードシュミット(Wilhelm Schmidt)E. シュレジアーバハオーフェン天地分離神話母性保護論争文化進化主義妻方居住婚マクレナン原始共産制家族社会学ザドルーガクラーゲス太陰神話太陽神話モーガン母系社会クーノー家族制度文化圏父権制