コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比周 ヒシュウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐しゅう〔‐シウ〕【比周】

[名](スル)
《「論語」為政の「君子は周してせず、小人は比して周せず」から》私利によって一部の仲間とつきあうことと、正しい道にそって広く交わりをもつこと。
《「春秋左伝」文公一八年から》よくない目的で仲間を作ること。徒党を組むこと。
「朋党―の争い」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひしゅう【比周】

( 名 ) スル
〔論語 為政「君子周而不比、小人比而不周」より〕 私心をもって一方に偏することと、公正な道によって広く衆人に親しむこと。
徒党を組むこと。悪い目的をもって仲間を作ること。 「其の衆阿党-して好よみんずる事あり/太平記 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

比周の関連キーワード太平記朋党

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android