比周(読み)ヒシュウ

  • ひしゅう ‥シウ
  • ひしゅう〔シウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
《「論語」為政の「君子は周してせず、小人は比して周せず」から》私利によって一部の仲間とつきあうことと、正しい道にそって広く交わりをもつこと。
《「春秋左伝」文公一八年から》よくない目的で仲間を作ること。徒党を組むこと。
「朋党―の争い」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
論語 為政君子周而不比、小人比而不より 私心をもって一方に偏することと、公正な道によって広く衆人に親しむこと。
徒党を組むこと。悪い目的をもって仲間を作ること。 其の衆阿党-して好よみんずる事あり/太平記 39

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「論語‐為政」にみえる孔子のことば、「君子周而不比、小人比而不周」による)
① 私利を動機とする仲間づきあいと、公平であまねく親しいつきあい。私心ある友情と真の友情。
② (━する) (①が、悪い方の意味に使われることが多いところから) 徒党を組むこと。悪い目的をもってぐるになること。
※太平記(14C後)三九「或は其衆阿党比周(ヒシウ)して好ずる事あり」 〔春秋左伝‐文公一八年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる