コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比興 ヒキョウ

2件 の用語解説(比興の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐きょう【比興】

[名・形動ナリ]
他の物にたとえて、おもしろく言うこと。転じて、おもしろく興あること。また、そのさま。
「後ろは前に、前は後ろにかはらぬか、と言ひける。さる事やは侍るべき。―の事なり」〈著聞集・一六〉
《「ひきょ(非拠)」の変化した語。一説に「ひきょう(非興)」の意とも》
㋐不都合なこと。不合理なこと。また、そのさま。
「心が本と心得て、強く下種(げす)しくするもまた―なり」〈十問最秘抄〉
㋑いやしいこと。つまらないこと。また、そのさま。
「―な花なりとも」〈中華若木詩抄・下〉
㋒臆病なこと。卑怯なこと。また、そのさま。
「やあ、―なり松右衛門」〈浄・盛衰記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひきょう【比興】

( 名 )
〔「詩経」でいう漢詩の六体のうち「比」と「興」とから〕 他のものにたとえておもしろく表現すること。 「 -争ひ宣べて気質衝揚せり/性霊集」
( 名 ・形動ナリ )
おもしろいこと。おかしいこと。また、そのさま。 「其の鳥をとらへて毛をつるりとむしりてけり。二品聞かれて-の事に思ひて/著聞 16
いぶかしいこと。不都合なこと。また、そのさま。 「この条、不可説なり不可説なり、-の事なり/歎異抄」
つまらないこと。下らないこと。また、そのさま。 「只当世様は、珍体を以て風情と為し、淳朴を以て-の義と為す/異制庭訓往来」
正々堂々としていない・こと(さま)。卑怯。 「やあ-なり、松右衛門/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」 〔 以下は「非拠ひきよ」あるいは「非興」の転とも〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

比興の関連キーワード付着心の杉睡魔力木病魔葦分け舌剣譬え歌にた

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比興の関連情報