コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比興 ヒキョウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐きょう【比興】

[名・形動ナリ]
他の物にたとえて、おもしろく言うこと。転じて、おもしろく興あること。また、そのさま。
「後ろは前に、前は後ろにかはらぬか、と言ひける。さる事やは侍るべき。―の事なり」〈著聞集・一六〉
《「ひきょ(非拠)」の変化した語。一説に「ひきょう(非興)」の意とも》
㋐不都合なこと。不合理なこと。また、そのさま。
「心が本と心得て、強く下種(げす)しくするもまた―なり」〈十問最秘抄〉
㋑いやしいこと。つまらないこと。また、そのさま。
「―な花なりとも」〈中華若木詩抄・下〉
㋒臆病なこと。卑怯なこと。また、そのさま。
「やあ、―なり松右衛門」〈浄・盛衰記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきょう【比興】

( 名 )
〔「詩経」でいう漢詩の六体のうち「比」と「興」とから〕 他のものにたとえておもしろく表現すること。 「 -争ひ宣べて気質衝揚せり/性霊集」
( 名 ・形動ナリ )
おもしろいこと。おかしいこと。また、そのさま。 「其の鳥をとらへて毛をつるりとむしりてけり。二品聞かれて-の事に思ひて/著聞 16
いぶかしいこと。不都合なこと。また、そのさま。 「この条、不可説なり不可説なり、-の事なり/歎異抄」
つまらないこと。下らないこと。また、そのさま。 「只当世様は、珍体を以て風情と為し、淳朴を以て-の義と為す/異制庭訓往来」
正々堂々としていない・こと(さま)。卑怯。 「やあ-なり、松右衛門/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」 〔 以下は「非拠ひきよ」あるいは「非興」の転とも〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

比興の関連キーワード卑・碑・匪・卑・否・妃・婢・庇・彼・悲・扉・批・披・比・泌・疲・皮・碑・祕・秘・罷・肥・脾・臂・被・誹・譬・費・避・鄙・非・飛六義・六儀・六議角田浩々歌客威高・居高和歌体十種松右衛門和歌十体張恵言詩大序六義卑怯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

比興の関連情報