比興(読み)ヒキョウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐きょう【比興】

[名・形動ナリ]
他の物にたとえて、おもしろく言うこと。転じて、おもしろく興あること。また、そのさま。
「後ろは前に、前は後ろにかはらぬか、と言ひける。さる事やは侍るべき。―の事なり」〈著聞集・一六〉
《「ひきょ(非拠)」の変化した語。一説に「ひきょう(非興)」の意とも》
㋐不都合なこと。不合理なこと。また、そのさま。
「心が本と心得て、強く下種(げす)しくするもまた―なり」〈十問最秘抄〉
㋑いやしいこと。つまらないこと。また、そのさま。
「―な花なりとも」〈中華若木詩抄・下〉
㋒臆病なこと。卑怯なこと。また、そのさま。
「やあ、―なり松右衛門」〈浄・盛衰記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきょう【比興】

( 名 )
〔「詩経」でいう漢詩の六体のうち「比」と「興」とから〕 他のものにたとえておもしろく表現すること。 「 -争ひ宣べて気質衝揚せり/性霊集」
( 名 ・形動ナリ )
おもしろいこと。おかしいこと。また、そのさま。 「其の鳥をとらへて毛をつるりとむしりてけり。二品聞かれて-の事に思ひて/著聞 16
いぶかしいこと。不都合なこと。また、そのさま。 「この条、不可説なり不可説なり、-の事なり/歎異抄」
つまらないこと。下らないこと。また、そのさま。 「只当世様は、珍体を以て風情と為し、淳朴を以て-の義と為す/異制庭訓往来」
正々堂々としていない・こと(さま)。卑怯。 「やあ-なり、松右衛門/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」 〔
以下は「非拠ひきよ」あるいは「非興」の転とも〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android