卑怯(読み)ヒキョウ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐きょう〔‐ケフ〕【卑×怯】

[名・形動]《本来は「比興」で「卑怯」は当て字か》勇気がなく、物事に正面から取り組もうとしないこと。正々堂々としていないこと。また、そのさま。「卑怯にも真っ先に逃げ出す」「卑怯なやり方」「卑怯者」
[派生]ひきょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひきょう【卑怯】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
正々堂々としていないこと。正面から事に立ち向かう潔さがないこと。また、そのさま。卑劣。 「敵に後ろを見せるとは-だ」 「 -な手段を使う」
気が弱く意気地がないこと。弱々しいこと。また、そのさま。 「 -な女を痛めずとも、言ふ事は身に言へ/浄瑠璃・博多小女郎 」 〔書言字考節用集〕 〔本来は「比興」で、「卑怯」は当て字か〕
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐きょう ‥ケフ【卑怯】

〘名〙 (形動)
① 勇気のないこと。また、そのさま。臆病。
※波形本狂言・神鳴(室町末‐近世初)「さてさてひきゃうな事を仰らるる。針を立ねばなおりませぬ」
② 心のいやしいこと。物事をするにあたって、正々堂々としないこと。また、そのさま。卑劣。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※虎明本狂言・瓜盗人(室町末‐近世初)「それは御ひけうじゃ、是ほとかうさんいたすに、何とて物を仰られぬぞ」
[補注]「比興」がもとで、後に「卑」の字が当てられるようになったか。仮名書きの例は、①②の意と思われるものは便宜上本項に収めた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卑怯の関連情報