コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民衆演劇 みんしゅうえんげき

世界大百科事典 第2版の解説

みんしゅうえんげき【民衆演劇】

民衆のための演劇。演劇史上また演劇学上,必ずしも明確な概念が確立されているわけではない。洋の東西を問わず古くから民衆のための演劇は存在したが,この概念がとりたてて俎上にのせられるようになったのは,19世紀以降のヨーロッパ,とりわけフランスとドイツにおいてである。その概念は,政治的にはどちらかといえば改革的で,芸術的にはやや前衛的といえるような,大衆的な演劇であるといってよい。つまり,そこでは近代的な社会における真に大衆的で民衆的な演劇とは何かということが考えられており,たとえば社会主義国の演劇が必ずしも民衆演劇とはいえないし,あるいはE.イヨネスコがいうように,実験演劇が民衆演劇にならぬともかぎらぬのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の民衆演劇の言及

【ドイツ演劇】より

…また,ロマン派の傍流であるH.vonクライストの個の深淵にふみこんだ戯曲の方が,むしろしだいに演じられるようになっていった。
[19世紀]
 ウィーンでは,民衆演劇が魔法妖精劇という独特なジャンルを生み出し,19世紀前半にはF.ライムントやJ.ネストロイが下町の劇場で活躍し民衆に親しまれた。教養的,文学的なドラマはF.グリルパルツァーによって代表されるが,これらのドラマも,ビーダーマイヤー的な世界観において民衆劇と通底するところがある。…

【ビラール】より

…教皇宮殿の中庭に3000人を超える客席と舞台を設け,シェークスピア,コルネイユ,ブレヒトなどの大戯曲を選び,装飾的な装置を廃し,照明と音楽の効果的利用により,舞台表現をテキストと俳優の演技に集約するその方法は,圧倒的な迫力をもたらした。かつてコポーの夢みた民衆演劇をビラールは彼なりに実現したといえる。51年,国立民衆劇場(TNP)の主宰者に選任され,名優G.フィリップやM.カザレスらと協力して多くの名舞台を残したが,63年,栄光のさなかに辞任,その後はスカラ座のオペラやアテネ座の1964年の《オッペンハイマー事件簿》などを手がけた。…

【フランス演劇】より


【20世紀】
 20世紀フランス演劇をその変革の相においてとらえれば,大別して三つの時期を認めることができる。第1は,1913年,J.コポーによる〈ビユー・コロンビエ座〉創設から,両大戦間におけるL.ジュベ,C.デュラン,G.ピトエフ,G.バティの4人の演出家による〈カルテル四人組〉の時代,第2は,J.L.バローによるカルテルの遺産の発展と並行して50年代に起きる三つの事件,すなわちJ.ビラールによる〈民衆演劇運動〉と〈演劇の地方分化〉の成功,E.イヨネスコ,S.ベケット,A.アダモフ,J.ジュネらの〈50年代不条理劇〉の出現,そして〈ブレヒト革命〉であり,第3の時期は,68年のいわゆる〈五月革命〉によって一挙に顕在化した社会的・文化的危機の中で,演劇が体験した一連の大きな〈異議申立て〉(A.アルトーの徴の下に広がった〈肉体の演劇〉を中核とする)とその結果である。
[演出家の時代――コポーと〈カルテル四人組〉]
 演出家で集団の指導者をフランス語でアニマトゥールanimateurと呼び,20世紀を〈アニマトゥールの世紀〉と称するが,コポーはアニマトゥールの枠組みそのものを提示した人物である。…

※「民衆演劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

民衆演劇の関連キーワードロラン(Romain Rolland)スタニスラフスキーA. ボアールワフタンゴフ玉泉八州男ファルスヤシーヌグリーンTNP仮面劇人形劇ロランコポー道化

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民衆演劇の関連情報