コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細江 ほそえ

4件 の用語解説(細江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細江
ほそえ

静岡県西部,浜松市南西部の旧町域。浜名湖北東岸にある。 1955年気賀町と中川村が合体して細江町が成立。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い北区の一部となった。中心集落の気賀は,江戸時代に気賀近藤氏が関所を設けたところ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほそ‐え【細江】

狭い入り江。
「風吹けば波か立たむとさもらひに都太(つだ)の―に浦隠り居り」〈・九四五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほそえ【細江】

静岡県西部、浜松市の地名。浜名湖に臨み、都田川下流域と三方原北部を占める。江戸期には姫街道の関所があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細江
ほそえ

静岡県西部、引佐(いなさ)郡南部にあった旧町名(細江町(ちょう))。現在は浜松市の中南部を占め、北区南部を形成する地域。浜名湖の北東、引佐細江に注ぐ都田(みやこだ)川河口部に位置する。旧細江町は1955年(昭和30)気賀(きが)町と中川村が合併して細江町と改称。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。地域は北から西へ引佐山地、南は三方原(みかたはら)に続く丘陵地、中央部は都田川と井伊谷川流域の沖積低地からなる。天竜浜名湖鉄道、国道257号、362号が通じる。中心地区気賀は古代から水陸交通の要地。江戸時代には東海道脇往還(わきおうかん)の本坂通(姫街道)の関所が置かれ、宿場町でもあった。水稲とミカンをおもにつくり、花木栽培が盛ん。江戸時代に琉球藺(りゅうきゅういぐさ)の栽培がなされ、これを原料に畳表が織られ遠州表として近代まで続いた。1984年浜松地域テクノポリスに指定される。さらに工業団地細江テクノランドも造成されている。初山宝林寺の仏殿と方丈は国指定重要文化財。4月上旬、都田川の桜堤を行く姫様道中の祭りは観光客でにぎわう。[川崎文昭]
『『細江町史』全13巻(1980~2000・細江町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細江の関連キーワード舞阪三ヶ日浜名湖渚園浜名湖パルパル静岡県浜松市西区舘山寺町静岡県浜松市南区西町細江〈町〉舞阪〈町〉静岡県浜松市西区村櫛町雄踏〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

細江の関連情報