コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細江 ほそえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細江
ほそえ

静岡県西部,浜松市南西部の旧町域。浜名湖北東岸にある。 1955年気賀町と中川村が合体して細江町が成立。 2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い北区の一部となった。中心集落の気賀は,江戸時代に気賀近藤氏が関所を設けたところ。また,姫街道の宿場町として繁栄した。丘陵地ではミカン栽培,都田川と井伊谷川が合流する沖積地では米作が行なわれる。かつて湖岸ではイグサが栽培され,畳表の特産地であった。長楽寺,宝林寺など名刹があり,都田川桜堤で毎年4月に行なわれる姫様道中の行事は有名。西気賀の「ウナギの白焼き」は名物。一部は浜名湖県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほそ‐え【細江】

狭い入り江。
「風吹けば波か立たむとさもらひに都太(つだ)の―に浦隠り居り」〈・九四五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほそえ【細江】

静岡県西部、浜松市の地名。浜名湖に臨み、都田川下流域と三方原北部を占める。江戸期には姫街道の関所があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細江
ほそえ

静岡県西部、引佐(いなさ)郡南部にあった旧町名(細江町(ちょう))。現在は浜松市の中南部を占め、北区南部を形成する地域。浜名湖の北東、引佐細江に注ぐ都田(みやこだ)川河口部に位置する。旧細江町は1955年(昭和30)気賀(きが)町と中川村が合併して細江町と改称。2005年(平成17)周辺10市町村とともに浜松市と合併。地域は北から西へ引佐山地、南は三方原(みかたはら)に続く丘陵地、中央部は都田川と井伊谷川流域の沖積低地からなる。天竜浜名湖鉄道、国道257号、362号が通じる。中心地区気賀は古代から水陸交通の要地。江戸時代には東海道脇往還(わきおうかん)の本坂通(姫街道)の関所が置かれ、宿場町でもあった。水稲とミカンをおもにつくり、花木栽培が盛ん。江戸時代に琉球藺(りゅうきゅういぐさ)の栽培がなされ、これを原料に畳表が織られ遠州表として近代まで続いた。1984年浜松地域テクノポリスに指定される。さらに工業団地細江テクノランドも造成されている。初山宝林寺の仏殿と方丈は国指定重要文化財。4月上旬、都田川の桜堤を行く姫様道中の祭りは観光客でにぎわう。[川崎文昭]
『『細江町史』全13巻(1980~2000・細江町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

細江の関連キーワード市立岐阜商業高校の学校法人立命館への移管問題浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館東海3県の首長選挙で存在感下関市の社会教育複合施設細江社会教育複合施設ピエロ ビザッツァ市岐阜商の移管問題エフ・シー・シー出直し岐阜市長選白真弓・白檀弓浜松のネーブル佐久間[町]武知 杜代子白柳ネーブル遠江・遠淡海スークアン白柳 秀湖野島 青茲三島由紀夫武知杜代子

細江の関連情報