コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫街道 ひめかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姫街道
ひめかいどう

江戸時代,東海道脇街道の一つ。本坂 (ほんざか) 通りともいう。東海道浜名湖口の今切渡しは,舞坂-新居間の1里 (約 4km) の渡船であったが,この今切渡しを利用しない場合は,陸路を浜松から気賀の関所を経て,本坂峠 (380m) を越え嵩山 (すせ) から御油 (ごゆ) または吉田 (豊橋) に出て東海道に合流した。この脇街道を婦人が多く利用したのでこの称があるという。脇街道であったが,多くの人々が往来したため,幕府は道中奉行の支配下においた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

姫街道【ひめかいどう】

脇街道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひめかいどう【姫街道】

東海道の浜松宿から浜名湖北岸を迂回し,気賀,三ヶ日,嵩山(すせ)宿を経て東海道の御油宿へ至る道筋。正式には三遠国境の本坂(ほんさか)峠を越えることから本坂道といい,1765年(明和2)に道中奉行の管轄となった。姫街道の名称の由来は,女性旅行者が東海道今切渡(いまぎれのわたし),新居関を避けてこの街道を利用したことによるといわれるが,本街道に対する脇往還という程度の意味であろう。中山道や奥州道中の脇道にも類似した名称がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひめかいどう【姫街道】

〔女性の通行が多かったことからいう〕 江戸時代、東海道の脇街道の一。見付の先で浜名湖を北に迂回うかいし、本坂ほんざか峠を通って御油ごゆに出る。調べの厳しい新居の関所や、今切の渡しの危険を避けるために通ったという。本坂越え。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の姫街道の言及

【内山峠】より

…下仁田町から佐久市に通じる国道254号線が通る。この道路は近世,中山道の脇往還(信濃別路)として知られ,姫街道とも呼ばれ,佐久米や越後米が上州へ運ばれていた。現在は妙義荒船佐久高原国定公園のほぼ中央にあたり,荒船山,物見山,神津(こうづ)牧場などへのハイキングコースの基点となっている。…

※「姫街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姫街道の関連キーワード浜松市姫街道と銅鐸の歴史民俗資料館群馬県甘楽郡下仁田町西野牧静岡県浜松市北区細江町気賀吉田藩(三河国)東海道五十三次三ヶ日[町]細江[町]豊川[市]和美峠豊川市あらい橘逸勢内山峠沓掛細江金指引佐

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姫街道の関連情報