コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水半球 スイハンキュウ

4件 の用語解説(水半球の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐はんきゅう〔‐ハンキウ〕【水半球】

地球を水陸の分布から二分したとき、海洋の面積ができるだけ広くなるようにとった半球。極がニュージーランド南東沖の南緯48度、西経179度の地点にある半球で、水陸の面積比は約9対1。⇔陸半球

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水半球【すいはんきゅう】

地球上,南緯48°,西経179.5°の地点を極とした半球。陸半球の対。南極大陸オーストラリア以外は海洋で,水陸比は9.6 :1。地理学者A.ペンクの命名による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

すいはんきゅう【水半球】

地球を水陸の分布によって二分したとき、海洋の占める面積が最大となるように区分した半球。ニュージーランド東方のアンチポデス諸島付近が極となる。水・陸の面積の比は九対一。 ↔ 陸半球

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の水半球の言及

【海】より

…北半球は陸地39.3%,海60.7%(154.695×106km2)で,南半球は陸地19.1%,海80.9%(206.364×106km2)であり,北半球より南半球に海が多い。またフランスのロアール河口のナント付近とニュージーランドの南東のアンティポディーズ諸島付近をそれぞれ極とする半球をつくると,前者において陸地,後者において海洋の割合が最大となり,それぞれを陸半球,水半球(海半球とも)と呼ぶ(図1)。陸地と海洋の割合は前者で49.0%:51.0%,後者で9.4%:90.6%となり,前者の陸半球には全陸地の約84%が含まれる。…

※「水半球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone