コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水理 スイリ

デジタル大辞泉の解説

すい‐り【水理】

地下水の通じる道筋。水脈。
「―を治めて旱魃(かんばつ)に備え」〈福沢文明論之概略
船の通る水路。
「官軍―に熟せざれば」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すいり【水理】

水の流れるみち。水脈。
ふなみち。水路。 「官軍-に熟せざれば誤つて暗礁に触るる事あらんか/近世紀聞 延房

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

水理の関連キーワードフョードロフ(Evgeniy Konstantinovich Fyodorov)ハートリー(Sir Charles Augustus Hartley)イェフゲーニイ フョードロフチャールズ・A. ハートレーニューシートピア計画竹本義太夫(1世)竹本義太夫(初代)ムルタノフスキービリキツキー海峡万田坑と三角西港クッタムポクナ大坪 喜久太郎速水 頌一郎排水(建築)大坪喜久太郎石原 藤次郎チュド[湖]続 愛と誠水理気象学水文地質学

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水理の関連情報