コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産総合研究センター すいさんそうごうけんきゅうセンター

3件 の用語解説(水産総合研究センターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水産総合研究センター
すいさんそうごうけんきゅうセンター

水産に関する総合的な試験,研究調査を行なう独立行政法人。水産に関する技術の向上,海洋水産資源の開発・利用の合理化のための調査等を行なうことを目的とする。 2001年中央省庁再編により,水産庁研究所を統合して設立され,2003年 10月海洋水産資源開発センターおよび日本栽培漁業協会の事業を継承するため組織を改編した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すいさんそうごうけんきゅう‐センター〔スイサンソウガフケンキウ‐〕【水産総合研究センター】

農林水産省所管の国立研究開発法人。水産技術向上のための総合的な試験・研究、サケ・マス類の孵化(ふか)・放流、海洋水産資源の開発・利用の合理化のための調査などを行う。平成13年(2001)に水産庁所管の研究所を統合して設立。平成28年(2016)、水産大学校と統合し水産研究・教育機構となる。水研センター

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水産総合研究センター
すいさんそうごうけんきゅうせんたー

水産に関する研究開発と、サケ・マス類の孵化(ふか)・放流などを行う農林水産省所管の独立行政法人。略称は水研センター、英語名はFisheries Research Agency。独立行政法人水産総合研究センター法(平成11年法律第199号)に基づいて2001年(平成13)設立。本部は横浜市西区みなとみらい。中央省庁改革により、水産研究所(1929年創立)、養殖研究所(1979年創立)、水産工学研究所(1979年創立)などの九つの水産庁の研究所を統合して2001年4月、独立行政法人として設立。その後2003年に海洋水産資源開発センター(1971年創立)・社団法人日本栽培漁業協会(1963年創立)の廃止を受けてその業務を継承。2006年には独立行政法人さけ・ます資源管理センターを統合してサケ・マス類の孵化・放流業務を継承した。
 水産総合研究センターは、(1)水産資源の持続可能な利用のための研究開発、(2)沿岸・内水面漁業の振興のための研究開発、(3)持続的な養殖業の発展に貢献するための研究開発、(4)安全で信頼できる水産物供給のための研究開発、(5)水産分野における基礎的・先導的研究、の五つの重点的目標を設定。マグロ類やウナギなどの資源調査や養殖・飼料の研究、水産分野におけるゲノム解析、国内外の国際漁業資源の現況調査、サケ・マス類の孵化・放流業務、大型クラゲの出現予測などの業務を行っている。これらの業務を遂行するために、北海道区水産研究所(札幌市豊平区)、日本海区水産研究所(新潟県新潟市中央区)、増養殖研究所(三重県南伊勢町)など、10の研究施設を有している。2012年3月時点での資本金は587億2500万円、2012年1月時点での職員数は968人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水産総合研究センターの関連キーワード国家試験水産研究所水産試験場農業試験場高等水産学校蚕糸試験場水産講習所鉄道総合技術研究所水産基本計画水産業普及指導員

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水産総合研究センターの関連情報