コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産総合研究センター すいさんそうごうけんきゅうセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水産総合研究センター
すいさんそうごうけんきゅうセンター

水産に関する総合的な試験,研究調査を行なう独立行政法人。水産に関する技術の向上,海洋水産資源の開発・利用の合理化のための調査等を行なうことを目的とする。 2001年中央省庁再編により,水産庁研究所を統合して設立され,2003年 10月海洋水産資源開発センターおよび日本栽培漁業協会の事業を継承するため組織を改編した。水産資源,水産工学,漁業環境保全,水産経済等に関する研究,栽培漁業に関する技術開発等を行なっている。中央水産研究所をはじめ全国に九つの研究所,16の栽培漁業センターをもつ。根拠法律は独立行政法人水産総合研究センター法 (平成 11年法律 199号) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいさんそうごうけんきゅう‐センター〔スイサンソウガフケンキウ‐〕【水産総合研究センター】

農林水産省所管の国立研究開発法人。水産技術向上のための総合的な試験・研究、サケ・マス類の孵化(ふか)・放流、海洋水産資源の開発・利用の合理化のための調査などを行う。平成13年(2001)に水産庁所管の研究所を統合して設立。平成28年(2016)、水産大学校と統合し水産研究・教育機構となる。水研センター

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水産総合研究センター
すいさんそうごうけんきゅうせんたー

水産に関する研究開発と、サケ・マス類の孵化(ふか)・放流などを行う農林水産省所管の独立行政法人。略称は水研センター、英語名はFisheries Research Agency。独立行政法人水産総合研究センター法(平成11年法律第199号)に基づいて2001年(平成13)設立。本部は横浜市西区みなとみらい。中央省庁改革により、水産研究所(1929年創立)、養殖研究所(1979年創立)、水産工学研究所(1979年創立)などの九つの水産庁の研究所を統合して2001年4月、独立行政法人として設立。その後2003年に海洋水産資源開発センター(1971年創立)・社団法人日本栽培漁業協会(1963年創立)の廃止を受けてその業務を継承。2006年には独立行政法人さけ・ます資源管理センターを統合してサケ・マス類の孵化・放流業務を継承した。
 水産総合研究センターは、(1)水産資源の持続可能な利用のための研究開発、(2)沿岸・内水面漁業の振興のための研究開発、(3)持続的な養殖業の発展に貢献するための研究開発、(4)安全で信頼できる水産物供給のための研究開発、(5)水産分野における基礎的・先導的研究、の五つの重点的目標を設定。マグロ類やウナギなどの資源調査や養殖・飼料の研究、水産分野におけるゲノム解析、国内外の国際漁業資源の現況調査、サケ・マス類の孵化・放流業務、大型クラゲの出現予測などの業務を行っている。これらの業務を遂行するために、北海道区水産研究所(札幌市豊平区)、日本海区水産研究所(新潟県新潟市中央区)、増養殖研究所(三重県南伊勢町)など、10の研究施設を有している。2012年3月時点での資本金は587億2500万円、2012年1月時点での職員数は968人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水産総合研究センターの関連情報