水飢饉(読み)みずききん

精選版 日本国語大辞典「水飢饉」の解説

みず‐ききん みづ‥【水飢饉】

〘名〙 ひでり続きで飲料水・灌漑用水などが極端に不足すること。
※湯葉(1960)〈芝木好子〉「例年になく暑い年がきて、水飢饉が続くので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水飢饉」の解説

みず‐ききん〔みづ‐〕【水飢×饉】

日照り続きで、飲み水・灌漑かんがい用水などが極度に欠乏すること。
[類語]飢餓飢え干乾し飢渇飢饉かつえ・ひもじいえるかつえる腹が減るひだるい食い足りない口寂しい口ざみしいぺこぺこ腹ぺこ空腹空腹感飢餓感空き腹空きっ腹ハングリー腹がすく小腹がすく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android