コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

饑い ヒダルイ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐だる・い【×饑い】

[形][文]ひだる・し[ク]空腹である。ひもじい。「―・い時にはまずいものはない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひだるい【饑い】

( 形 ) [文] ク ひだる・し
空腹である。飢えてひもじい。 「賢者-・し伊達だて寒し」 「この一両日食物じきもつ絶えて、せんなく-・く候ふままに/著聞 19」 〔現代語では、西日本を中心とする言い方で共通語としてはあまり用いられない〕
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

饑いの関連キーワード著聞空腹

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android