ぺこぺこ

精選版 日本国語大辞典「ぺこぺこ」の解説

ぺこ‐ぺこ

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 頭をしきりに下げるさま、また、人にへつらうさまを表わす語。へこへこべこべこ
※富岡先生(1902)〈国木田独歩〉一「頭を下げてぺこぺこと頼み回るなんちうことは」
② 物がゆがみ、へこむさま、また、古くなって弱々しくなるさまを表わす語。
③ ひどくのへったさまを表わす語。へこへこ。ぺこ。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉七「腹がペコペコして目が廻りそうになってきた」
④ 下手な三味線の音を表わす語。べこべこ。
※名張少女(1905)〈田山花袋〉五「今、京都で流行るといふフイトサ節をペコペコと弾き出した」
⑤ 薄い板などがあちこちへこむ音や、そのさまを表わす語。べこべこ。
[2] 〘形動〙
① (一)②に同じ。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉二二「台湾パナマだか何だかペコペコになった帽子を被ってゐる」
② (一)③に同じ。
※江戸から東京へ(1925)〈矢田挿雲〉一二「市民等ペコペコの腹をしながら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぺこぺこ」の解説

ぺこ‐ぺこ

[副](スル)
物がへこんだりゆがんだりする音や、そのさまを表す語。「ぺこぺこ(と)するベニヤ板の壁」「押すとぺこぺこ(と)鳴る空き缶」
頭をしきりに下げるさま。また、へつらうさま。へこへこ。「ぺこぺこしながら言い訳をする」
[形動]
ひどく空腹なさま。「腹がぺこぺこだ」
1に同じ。「ぺこぺこ箪笥たんす
[アクセント]コペコ、はペコペコ
[類語](2ぴょこんぺこんぺこりひょこひょこぴょこぴょこへこへこ媚びへつらう媚びるへつらうおもねる取り入るごますり阿諛おためごかし卑屈取り巻く媚びを売る胡麻をする鼻息をうかがう太鼓を叩く機嫌を取る尻尾を振る歓心を買う色目を使う秋波を送る気を引く気を持たせる調子を合わせる追従ついしょうおべっかおべんちゃら諂巧てんこう諂阿てんあ諂曲てんごく諂笑てんしょう諂媚てんび諂諛てんゆ阿付迎合へいへいへいこら曲学阿世味噌を意を迎える/(1ひもじいえるかつえる腹が減るひだるい食い足りない口寂しい口ざみしい腹ぺこ空腹空腹感飢餓感飢え飢餓干乾し飢渇飢饉水飢饉空き腹空きっ腹ハングリー腹がすく小腹がすく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android