コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぺこぺこ ペコペコ

デジタル大辞泉の解説

ぺこ‐ぺこ

[副](スル)
物がへこんだりゆがんだりする音や、そのさまを表す語。「ぺこぺこ(と)するベニヤ板の壁」「押すとぺこぺこ(と)鳴る空き缶」
頭をしきりに下げるさま。また、へつらうさま。へこへこ。「ぺこぺこしながら言い訳をする」
[形動]
ひどく空腹なさま。「腹がぺこぺこだ」
1に同じ。「ぺこぺこな箪笥(たんす)」
[アクセント]コペコ、はペコペコ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぺこぺこ

[1] ( 副 ) スル
薄い金属板などがへこむ音やそのさまを表す語。 「このブリキ缶は-する」 「 -(と)へこむ」
頭を下げて、人にへつらうさま。へこへこ。 「上役に-する」 「 -(と)頭を下げる」
[0] ( 形動 )
非常に空腹なさま。 「おなかが-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぺこぺこの関連キーワードぴょこぴょこアクセントへいこらベニヤ板森野熊八へこへこ米搗飛蝗へいへいたんす大泉門空き缶空腹箪笥三太陶潜無闇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぺこぺこの関連情報