氷菓子(読み)こおりがし

世界大百科事典 第2版「氷菓子」の解説

こおりがし【氷菓子】

アイスクリーム,シャーベット,アイスキャンデーなど,クリーム,ミルク,果汁その他に砂糖や香料を加えてこおらせた菓子。菓とも呼ぶ。ただし,現在の日本の法規では乳脂肪乳固形分を含まぬものを氷菓と呼び,アイスクリーム類と区別している。この意味での氷菓には粉砕した氷にシロップをまぜ,容器に詰めて硬化したものがあり,大正末~昭和初期の東京ではかき氷にシロップをかけて蠟紙に包んだものが夜店などで売られ,〈氷菓子〉と呼んだことがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の氷菓子の言及

【アイスクリーム】より

…牛乳または乳製品を主原料とし,これに糖類,安定剤,乳化剤,香料その他を加えて凍らせた氷菓子。原料の配合比など一定しないため,日本では食品衛生法によってアイスクリーム類の成分規格と呼称が表のように定められている。…

※「氷菓子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android