永田岳(読み)ナガタダケ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永田岳
ながただけ

鹿児島県屋久島(やくしま)のほぼ中央部、屋久島連峰(八重岳連峰(やえだけれんぽう)ともよばれる)中の一峰。標高1886メートルで宮之浦(みやのうら)岳(1936メートル)に次ぐ屋久島の高峰である。鹿児島県熊毛(くまげ)郡屋久島町の旧上屋久町(かみやくちょう)地区と旧屋久町地区の境界をなす。九州内で2位の標高であるが、ほかにも1000メートルを超える高峰が30座以上あり、屋久島は山岳島とよぶにふさわしい。山頂付近の奇岩、山あいの峡谷、屋久杉原生林など豊富な自然がある。周辺部を除く全域が花崗(かこう)岩よりなる。屋久島国立公園に属する。

[塚田公彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例