コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋久島国立公園 やくしまこくりつこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋久島国立公園
やくしまこくりつこうえん

鹿児島県南部,屋久島口永良部島からなる自然公園。面積 245.66km2。1964年霧島屋久国立公園の屋久島地域として指定。2007年口永良部島が追加指定されたのち,2012年に霧島屋久国立公園から分離した。屋久島では宮之浦岳(1936m),永田岳(1886m),黒味岳(1831m)など,国指定特別天然記念物の屋久杉原始林のある山岳地帯と,雄大な断崖の続く西部海岸,枕状溶岩などが見られる東部海岸の一部が含まれる。モミ,ツガの針葉樹の大木林,クス,タブなどの広葉樹の天然林も多い。シカの大群と,屋久島を南限とするサルが多いのも特色の一つ。一方,火山島である口永良部島では噴気孔など独特の火山景観が見られ,海岸部は海食崖海食洞など変化に富んだ地形を有する。公園域内には栗生海域公園地区メガ崎海域公園地区がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋久島国立公園
やくしまこくりつこうえん

九州最南端の佐多岬(さたみさき)から南へ約60キロメートルの海上に浮かぶ屋久島と、その北西方約12キロメートルに位置する口永良部島(くちのえらぶじま)からなる国立公園。1964年(昭和39)に屋久島地区が錦江湾(きんこうわん)(鹿児島湾。旧錦江湾国定公園)とともに霧島国立公園に編入され、霧島屋久国立公園と改称。2007年(平成19)口永良部島地区を編入。2012年(平成24)に口永良部島を含む屋久島地域が分離・独立し、現在の名称となった。公園面積(陸域)245.67平方キロメートル。屋久島の栗生(くりお)、口永良部島のメガ崎の2地区(面積計1.71平方キロメートル)が海域公園に指定される。この間の1993年(平成5)には、屋久島の約5分の1にあたる約107平方キロメートルが、日本初の世界自然遺産として登録された。
 屋久島はほぼ円形をなし、周囲約130キロメートル。島の中央部は九州最高峰の宮之浦(みやのうら)岳(1936メートル)をはじめ、永田岳、黒味(くろみ)岳などがそびえる山岳部で、温暖多雨、植生の豊富なことで知られる。とくに標高700~1600メートル付近に分布する樹齢1000年以上のスギは屋久杉とよばれ著名。このほか亜熱帯から亜寒帯に及ぶ植生の垂直分布は学術上も注目される。海岸部および沿岸海域は、ウミガメの産卵地で、サンゴ群集や魚類の宝庫として評価される。口永良部島は、東部の古岳(657メートル)・新岳(626メートル)、西部の番屋ヶ峰(290.9メートル)などの火山体が結合した火山島で、特異な景観に恵まれ、火山島でありながら自然性の高い照葉樹林に覆われて「緑の火山島」ともよばれる。海岸部では海食崖が発達する変化に富む地形が展開し、海中には多様なサンゴ群集が広がる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

屋久島国立公園の関連キーワード鹿児島県姶良郡湧水町霧島錦江湾国立公園屋久島(町)鹿児島(県)屋久島町上屋久補説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android