コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屋久島国立公園 やくしまこくりつこうえん

3件 の用語解説(屋久島国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

屋久島国立公園
やくしまこくりつこうえん

鹿児島県南部,屋久島口永良部島からなる自然公園。面積 245.66km2。1964年霧島屋久国立公園屋久島地域として指定。2007年口永良部島が追加指定されたのち,2012年に霧島屋久国立公園から分離した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やくしま‐こくりつこうえん〔‐コウヱン〕【屋久島国立公園】

鹿児島県の屋久島口永良部島(くちのえらぶじま)からなる国立公園。屋久島の西部地域は世界遺産自然遺産)に登録されている。
[補説]平成24年(2012)、霧島屋久国立公園から分離され、独立した国立公園となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

屋久島国立公園
やくしまこくりつこうえん

九州最南端の佐多岬(さたみさき)から南へ約60キロメートルの海上に浮かぶ屋久島と、その北西方約12キロメートルに位置する口永良部島(くちのえらぶじま)からなる国立公園。1964年(昭和39)に屋久島地区が錦江湾(きんこうわん)(鹿児島湾。旧錦江湾国定公園)とともに霧島国立公園に編入され、霧島屋久国立公園と改称。2007年(平成19)口永良部島地区を編入。2012年(平成24)に口永良部島を含む屋久島地域が分離・独立し、現在の名称となった。公園面積(陸域)245.67平方キロメートル。屋久島の栗生(くりお)、口永良部島のメガ崎の2地区(面積計1.71平方キロメートル)が海域公園に指定される。この間の1993年(平成5)には、屋久島の約5分の1にあたる約107平方キロメートルが、日本初の世界自然遺産として登録された。
 屋久島はほぼ円形をなし、周囲約130キロメートル。島の中央部は九州最高峰の宮之浦(みやのうら)岳(1936メートル)をはじめ、永田岳、黒味(くろみ)岳などがそびえる山岳部で、温暖多雨、植生の豊富なことで知られる。とくに標高700~1600メートル付近に分布する樹齢1000年以上のスギは屋久杉とよばれ著名。このほか亜熱帯から亜寒帯に及ぶ植生の垂直分布は学術上も注目される。海岸部および沿岸海域は、ウミガメの産卵地で、サンゴ群集や魚類の宝庫として評価される。口永良部島は、東部の古岳(657メートル)・新岳(626メートル)、西部の番屋ヶ峰(290.9メートル)などの火山体が結合した火山島で、特異な景観に恵まれ、火山島でありながら自然性の高い照葉樹林に覆われて「緑の火山島」ともよばれる。海岸部では海食崖が発達する変化に富む地形が展開し、海中には多様なサンゴ群集が広がる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

屋久島国立公園の関連キーワード大隅諸島口永良部島鹿児島県熊毛郡屋久島町安房上屋久〈町〉鹿児島県熊毛郡屋久島町口永良部島鹿児島県熊毛郡鹿児島県熊毛郡屋久島町永田鹿児島県熊毛郡屋久島町中間鹿児島県熊毛郡屋久島町原鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屋久島国立公園の関連情報