コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江部乙 えべおつ

3件 の用語解説(江部乙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江部乙
えべおつ

北海道中央部,滝川市北部にある地区。旧町名。 1971年滝川市と合体。地名はアイヌ語のイペオッイ (サケが多くいるところの意) に由来する。石狩平野と東方の丘陵地にまたがり,米作とリンゴの栽培がおもな産業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

江部乙【えべおつ】

北海道滝川市の一地区。空知郡の旧町で,石狩川中流の左岸にあり,函館本線が通じる。東の一部が山地で,その他は平坦(たん)地が広く,空知灌漑(かんがい)溝の完成により水田化が進んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江部乙
えべおつ

北海道中部、滝川市の北部を占める一地区。旧江部乙町。1971年(昭和46)滝川市に編入。1894年(明治27)屯田兵(とんでんへい)400戸が入地開拓した。江部乙村として独立後、西部低地は水田化を進め、東部台地には屯田兵村以来のリンゴ栽培が発展し、空知(そらち)地方のリンゴ産地として第二次世界大戦後最盛期を迎えた。その後、他の産地に押されてリンゴ栽培は衰退したがなお特産品となっている。[柏村一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

江部乙の関連情報