コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油濁損害賠償保障法 ゆだくそんがいばいしょうほしょうほう

世界大百科事典 第2版の解説

ゆだくそんがいばいしょうほしょうほう【油濁損害賠償保障法】

船舶から流出し,または排出された油によって油濁損害が生じた場合における船舶所有者の責任を明確にし,および油濁損害の賠償を保障する制度を確立することにより,被害者の保護を図り,あわせて船舶による油の海上輸送の健全な発達に資することを目的として制定された法律(1975公布)。〈油濁損害に対する民事責任に関する国際条約〉(1969),と〈油濁損害の補償のための国際基金の設立に関する条約〉(1971)を批准し,これを国内法化するための法律である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

油濁損害賠償保障法の関連キーワード船主責任保険船舶

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android