コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華津峠 ほけづとうげ

3件 の用語解説(法華津峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華津峠
ほけづとうげ

愛媛県南西部,西予市宇和島市をつなぐ宇和島街道にある峠。法花津とも表記する。標高 436m。牧師西村清雄作詞,賛美歌 404番「山路越えて…」の舞台で,法華津湾から日振島などを展望するところに,歌碑が立っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕法華津峠(ほけづとうげ)


愛媛県南西部、宇和島(うわじま)市と西予(せいよ)市の境にある峠。標高396mの最高地点は西予市側にある。宇和川上流域の準平原と宇和海沿岸を分け、高森(たかもり)山南西斜面を約5kmにわたって立間(たちま)川沿岸に至る坂道は「法花津(ほけづ)越え」とよばれる。国道56号(宇和島街道)・JR予讃(よさん)線は、この坂道沿いにトンネルで抜ける。峠と坂道一帯は足摺(あしずり)宇和海国立公園域に含まれ、眼下には法華津湾のリアス式海岸の眺望(ちょうぼう)がひらける。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法華津峠
ほけつとうげ

愛媛県南部、西予(せいよ)市宇和町地区と宇和島市吉田町地区の境界にある峠。「法花津」とも記し、「ほけづ」ともいう。標高412メートル。東西に走る法華津山脈の鞍部(あんぶ)にある。宇和島街道(国道56号)が峠を越えていたが、現在は峠下のトンネルを国道56号とJR予讃(よさん)線が通過している。峠の南斜面は仏像(ぶつぞう)構造線の断層崖(がい)で、中生代四万十(しまんと)層群の砂岩、頁(けつ)岩からなり、北側は秩父中・古生層の砂岩、粘板岩からなる。峠には展望台があり、そこからは宇和海のリアス式海岸が一望でき、足摺(あしずり)宇和海国立公園の一部となっている。また、賛美歌404番からとられた「山路越えて」の詩碑が立つ。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法華津峠の関連キーワード宇和島市宇和島湾宇和島うわじまきさいや広場宇和島港宇和島さんさ宇和島市立伊達博物館宇和島市立歴史資料館愛媛県宇和島市宇和津町愛媛県宇和島市戸島

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone